The Energy Bottle(エナジーボトル)|イクイリブリアムボトル|B0~B14 | 横浜・桜木町のカラフルK直営店・プリズムのオンラインショップ

Online Shopping カラーアイテムがネットでも買える!

HOME  オンラインショップ  イクイリブリアムボトル B0~B14  I-6 The Energy Bottle(エナジーボトル)

ネットで買えるカラーアイテムはこちら Online Shop オンラインショップ

イクイリブリアムボトル

B0~B14 

B6

The Energy Bottle(エナジーボトル)

※小さい画像にマウスオーバーすると拡大写真が見られます。

商品番号

I-6

内容量

50ml
ペンダント

通常価格

5,200円(税抜)

※ペンダントには、ペンダント用チェーンが付属しております。

カートに入れる

※2万円(税抜)以上ご購入で送料無料

Column

「イクイリブリアムボトルに存在する色からの考察」

B6 エナジーボトル  レッド/レッド   

上層、下層ともにレッドの躍動感あふれる刺激的なボトル。
レッドという色は可視光領域(人間の目で確認できる光の波長範囲)の中で
最も長い波長を持つので、より遠くまで届きやすく、多くの色彩が溢れる中
では最初に確認される色でもあります。
そのため信号にも象徴されるように、世界中で高度の危険を喚起する色彩の
代表格でもあります。
それだけに他のボトルたちと共に並ぶ姿も、このレッドのボトルはその波長
から他よりも一歩前に出ているように感じられます。
そんな重要な役割の色を上下に抱いたこのボトルは、「エナジーボトル」と
呼ばれ、まさに生きたエネルギーを携え、私達の生命そのものを支える血液
と母なる大地の色を意味します。
実際にレッドという色は、人間の脳にアドレナリンというホルモンの分泌を
促進するように働きかけ、その刺激を受けた副交感神経が心拍数や脈拍数を
上昇させます。
生きるために不可欠なエネルギーそのもの。
5番のボトル同様に、この身体を持って生きる事への責任と、だからこそ可
能となる実現実行。
生命の素晴らしさと、そのエネルギーを正しく潔く使ってゆく事を教えてく
れているような立ち姿です。
大地と人間はもともと一つで、その足がアースとなり常にこの大地と繋がっ
ている事を想い起こさせます。
エネルギーは、受け取っている訳でも与えている訳でもなく、この瞬間にた
だ常に流れているのだという事を物語っています。
私達の体内をただ流れ続ける血液と同じように。
エネルギーも血液も、どちらも汚れれば、流れ続けながら濾過し再びきれい
な状態にして、そしてやはりただ流れ続ける。
私達はその事に瞬間瞬間気づき、感謝し、その流れが滞ることのないように
出来る協力は惜しまない。
それが生を受けた責任。
このボトルの色からは、生きる事への美意識とただ起きて来る事に超然とし
ているという事を教えられます。
堂々たるこの姿を見ると襟を正したくなります。


「生命の樹とタロットからの考察」
生命の樹の画像はこちら

http://www.colorfulk.com/store/

生命の樹とは?

http://www.colorfulk.com/store/pdf/TreeofLife.pdf

生命の樹では、「恋人たち(The Lovers)」のパスのアウトワード(行く道・
学びの道)です

このパスは女性性側の上部にある理解を意味する3番目のスフィア「ビナー
」と、中心部に位置する4番目の美と調和を示すスフィア「ティファレト」
を繋いでいる、愛のパスです。
この道に置かれているボトルは、6番のボトルもレッド。
リターンジャーニー(帰りの道・分かち合いの道)に置かれているボトルも
ピンク・レッド。
とてもダイナミックな赤い道。
愛、家族、生、身体、セクシャリティを学ぶ、バイタリティ溢れる道。

タロットを見ると、真っ赤な印象のカードには男女が強く抱き合っています。
そこには1つになりたいという気持ちと、1つになれないという感覚の体験
があります。
彼らの傍らには燃えるような赤い蛇が、赤い樹を登ってゆきます。
目覚めとスピリチュアルな成長のための統合が、どこかの地点で歪められて
しまった。
再び目覚め、真実の愛に開いてゆくための学びがあります。
本来1つである事を思い出すための旅が、身体を持ったための歓びや官能に
より、かえって真理から二人を遠ざけたのかもしれません。
背後では大いなる存在が、二人を見守っています。
そしてキューピットも二人に向けて「洞察の矢」を放とうとしています。

ある意味、客観的でいられる事が真実の愛の継続には不可欠である一方で、
周囲からの評価や条件づけに対して自由になってゆく可能性が感じられます。
相反する二つの質が反発しつつ惹かれあい、コラボレートしてゆく時のクリ
エイティブな質。
それがThe LoversのパスにあるB6エナジーボトルの意味するところでしょ
うか。


「数秘 6 という数からの考察」

天から何かが降りて来たような形の「6」という数字。
愛と美を象徴する「6」。
確かに生命の樹でも6番目のスフィアは「美と調和」を意味しています。
六芒星は上向きの△と下向きの▽が重なりあった形で、天にあるが如く地に
も在るという事を意味しています。
また上向きの△は男性を、下向きの▽は女性を象徴し、男女の結合を表しま
す。
「6」は英語では「Six」ですが、ラテン語では「Sex」
やはり男女が繋がる事を意味します。
つまり愛と性そのものの数が6です。
そこにはセクシャリティの歓びよりむしろ、種の保存、命(血)を繋ぐとい
う事を感じます。
6番のボトルは愛と家族、そしてその中での学びとギフトがあります。


柏村流「6番」の使い方と解釈

私がオーラソーマを学び始めてまだ日が浅かった頃、初めてボトルを見たと
いう方がやってきて、この6番の真っ赤なボトルを手に取り「かっこいい・
・」とつぶやきました。
その時、やはり全ての人が古代からの智恵を携え、ボトルからのメッセージ
を知っているのだと確信しました。

エネルギーを正しく使ってゆくことをサポートするボトル。

アダムとイヴも善悪の智恵の実と呼ばれる、真っ赤に熟したリンゴの実を口
にして楽園を追放されましたが、古代、私達の祖先も命を繋ぐために樹に
なっているものを食べて続けてきました。
その際にもやはり赤く熟した時が食べられるサインだったのです。

その遺伝的記憶が私達の中に未だに生きづいていて、この赤という色を見る
とお腹がすいてゆくように、まるでパブロフの犬のごとくサインとされてい
ます。
ですからあらゆる外食産業の看板は暖色系を使います。
つまりあらゆるレベルで「サバイバル」そのものと最も密着したボトルです。

よく「そこに使うエネルギーがあったら、もっと活かした使い方が出来るは
ず」といういい方をしますが、確かに人間にとってエネルギーはいくらでも
湧いてくるというものではなく、使ったら充電は必要。
そう考えたら、余計な事にエネルギーを注げばと、肝心なところで充電切れ
になって使えない。
そんなエネルギーの有効利用を再認識させてくれるボトルです。
ではエネルギーの正しい使い方とは?
私達は過去を変える事はできません。
未来も自分で自在に変える事は不可能。
そう考えると今この瞬間だけが私たちに許された選択の瞬間。
唯一決める事の出来るのがこの瞬間。
もっと今にエネルギーを有効利用したい時、私はこのボトルとワークします。
今この瞬間を生きるという事は、あらゆる手放しも必要。
怒りや恨みは過去に注ぐエネルギー、お金や衣食住の心配は未来に注ぐエネ
ルギー。
私達がこの瞬間をもっと生きる事が出来たら、エネルギーの有効利用が可能
になるので、もっと楽に楽しめるはず。
過去と未来に注ぎながら、今に注ごうとするから「疲れる」という事にすぐ
なってしまう。

また5番のボトルが郷ひろみさんを招く感じなら、この6番のボトルは松岡
修造さんウェルカムという感じ。
「まだまだ行けるよ〜もう一本行ってみようか?」ってエネルギーが湧いて
きます。

私は身体中に原因不明の痛みを感じた時に、このボトルを塗ってみたところ
・・・
さっきまであんなに具合が悪かったのに、「今ならフルマラソンもいける!」
というくらい回復した事がありました。

でもその一方で、身体そのものの色がレッドですから、日頃から身体を無視し
続け、無茶をさせている人にとっては、どこかに痛みを感じるという事もあり、
まさに「身体」を思い出させてくれますので、身体の声を聴く為にもとても活
用できますよ。

もっと今を満喫して生きたい人にお薦めです。

かしむら かおり 記

BACK

LIST