Garden of Gethsemene(ゲッセマネの園)|イクイリブリアムボトル|B0~B14 | 横浜・桜木町のカラフルK直営店・プリズムのオンラインショップ

Online Shopping カラーアイテムがネットでも買える!

HOME  オンラインショップ  イクイリブリアムボトル B0~B14  I-7 Garden of Gethsemene(ゲッセマネの園)

ネットで買えるカラーアイテムはこちら Online Shop オンラインショップ

イクイリブリアムボトル

B0~B14 

B7

Garden of Gethsemene(ゲッセマネの園)

※小さい画像にマウスオーバーすると拡大写真が見られます。

商品番号

I-7

内容量

50ml
ペンダント

通常価格

5,200円(税抜)

※ペンダントには、ペンダント用チェーンが付属しております。

カートに入れる

※2万円(税抜)以上ご購入で送料無料

Column

「イクイリブリアムボトルに存在する色からの考察」
B7 ゲッセマネの園      イエロー/グリーン

喜びの象徴でもあるイエローの光が、ハートや道を意味するグリーンを照ら
しています。
ハートには真実がありますから、そこに喜びの光を当てるなら、必ず最善の
答えが見つかるはずです。
そしてその答えが真実の道を指し示す事で決断ができ、本来の「自分との調
和」がとれます。

「ゲッセマネの園」というボトルの名前を耳にした時に、日本では聞き慣れ
ない名前だと思った方も多いのではないかと思います。
ゲッセマネの園とは、イスラエルのエルサレムにあるオリーブの山の斜面に
あり、キリストが処刑される前夜に祈りを捧げた場所だといわれています。
このボトルのシェイクカラーもオリーブグリーンになります。
このボトルは自分の真実や信念に反して訪れるテストや裏切りを意味してい
ます。
オリーブという木はどんな劣悪な状況の土地にもいじらしくも芽を出し、ど
の瞬間も天に向かってその枝を伸ばし続ける努力を怠らない。
その結果、粘り勝ちとも言うべく、多くの滋養効果を持つ実を結びます。
なんと忍耐強く気長な植物なのでしょう。
その実は自身の勝利の結晶であると同時に、他者をも救う実となります。
それこそが、O-Live。O=全体、完全 Live=生きている。
全体の中で自分自身を生きることではないでしょうか。

真実の向こうに在る光を目指す時、答えを見つける前には必ずその為のテス
トが待っています。
オリーブの実は、摘み取ってすぐに口にすると痛いほど苦い。
それこそがテストで、甘い期待を裏切られたあなたは、思わず「苦い!」と
その実を苛立ちと共に投げ捨てるのか、それとも、その痛みすら受け入れ、
その背後にある真実に気づいてゆけるのか・・・。

なによりも自分が自分自身を信頼しきれなくて、いつも焦っては、苦味しか
味わえない・・・。
「苦味はいつか必ず熟成されて甘くなる」と、信頼する事が難しい。
このボトルが裏切りを意味するとしたら、自分を信頼しきれず自分の真実を
置き去りにしてしまう事のように思います。
それは、このボトルのメッセージそのものです。
「あなたが課した制限以外にあなたに限界はありません」
オリーブの木の様に、環境や状況に左右される事なく、天高く自分の可能
性を伸ばしてゆく事が出来たなら、ふと気がつくと他者にさえ勇気を与え
ている。
このボトルとつき合ってみると、そんなふうに生きられる様に思えてくるか
ら不思議です。


「生命の樹とタロットからの考察」
生命の樹の画像はこちら

http://www.colorfulk.com/store/

生命の樹とは?

http://www.colorfulk.com/store/pdf/TreeofLife.pdf
生命の樹では、「戦車(The chariot)」のパスのアウトワード(行く道・学び
の道)です

このパスは女性性側の上部にある3番目の理解のスフィア「ビナー」と、そ
のすぐ下に位置する「ゲブラー」という峻厳を意味する5番目のスフィア繋
いでいる、テストの道です。
この道のテストの意味はタロットを見る事がその理解を助けます。
戦車といえども、実際にはタロットの絵は馬車として描かれています。
でもその馬車には馬ではなくスフィンクスが繋がれています。
スフィンクスはエジプトでピラミッドを守っている動かない獣の象徴。
つまり、この馬車は待っていても動きません。
そう、この馬車こそが肉体を意味し、その乗りものに乗ったなら、自分で方
向性を見極めて、決断、実行してゆく他に進む道はない事を表しています。

自分の真実の方向性は自分以外の誰にも分からないのですから。

しかしながらこの道、色々と過去のパターンを思い返しては自信を削がれや
すい事も確かで、馬車の正面には水と陸を行き来する横歩きのカニが描かれ
ています。
意識(陸)と無意識(水)行き来しながら、気楽な横道を真実だと偽って、
どうか、逸れて行ってしまいませんように。

自分の真実を生きようとする程に、何かと横槍も入りやすく、何度も「これ
でもあなたはこの道を進みますか?」と尋ねられます。
これこそが、自分への信頼を取り戻すためのテストです。
オリーブのこの道は、立ちはだかる壁は多くとも、そこを超えた時にのみ味
わえる人生最大の甘い体験。

フェミニンリーダーを意味するオリーブは、自身の手綱を誰にも明け渡すこ
となく、広い視野で進み続けることではないでしょうか。
先の心配をする暇があったら、目の前の事に精一杯エネルギーを注ぎ、自分
の人生を完全に体験してみる。
そんな事を意味しているように思います。

「数秘 7 という数からの考察」
ラッキー7、世界の7不思議、 七福神・・などなど。
7という数は幸せを招く神秘の数でもあり、また宇宙の法則とも繋がり、1
週間も7日間。

同時に忘れてはならない感謝とも関係しているように思います。
なぜなら、人が天に昇った際にも初七日、七回忌というものは取り行われま
す。
7月7日の七夕には人は天に願いをかけ、この世界は天とも一つであり、い
つも繋がっている事を想い返します。

そういう意味では一つの節目を意味する数でもあります。

瞑想し、自らの真実に立ち返る数。
宇宙の真理を理解し、自分の真実からも目をそらさない。
高い精神性と分析力を兼ね備え、迎合を好まず、頑固な程にひたむきに自
分を貫く。
そんな数です。


柏村流「7番」のボトルの使い方と解釈

このボトルは自分の中で、様々な意味でチャレンジとなっています。

重要なシーンで試されているように感じた時に敢えて、この「テストのボ
トル」を使います。
自分の真実からそれないように。
真実の意味を少し理解できたのも、このボトルのおかげだったように思い
ます。

「真実」とは、自分が表層で望んでいるものとは違う事もあるのだという
事を教えられました。
イエローのエゴが思い描く、「思い込んだ理想」=真実だと思いたい自分を
客観的に観る事を助けてくれます。
もっと深く内在する、静かにずっと寄り添っていた真実に触れてゆきます。
だから「瞑想する数 7」を携えているのでしょうね。

更に高い意識へと気づかせ、思い込みから自由になるための学びがこのボト
ルには存在し、その学びこそが絶対的に必要だった自分の視野の拡大を招き
ます。
つまり様々な角度から人生を観察し、自分で決めていた制限が外されてゆく
ので世界観が広がります。
本当の意味で自分と調和し、表面的な事に捉われることなく、迷いなく自分
の人生と向き合ってゆけるようにサポートします。
ただ、信頼してコツコツと積み上げてゆく事の大切さと、そこに愛を感じら
れるようになります。
プロセスを信頼する。
それがこのボトルのメッセージの1つにありますが、つまりそれは、結果が
すべてではなく、真実に対して誠実である事、その事に対して自分を裏切ら
ない事や、目標に向かうまでの自分のやり方や在り方で、結果はおのずとつ
いて来ます。
表面的な事の背後に静かに存在する真実を見た時、気づかされる事はとても
温かく、自分の成長を助けてくれます。

とても深いこの7番のボトルを、まずはご自分で体験してみてください。

かしむら かおり 記

BACK

LIST