Sannat Kumara & Lady Venus Kumara/72の天使Vasariah(サナトクマラ&レディヴィーナスクマラ/72の天使ヴァサリア・正義の天使)|イクイリブリアムボトル|B60~B74 6,050円(税込) | 横浜・桜木町のカラフルK直営店・プリズムのオンラインショップ

Online Shopping カラーアイテムがネットでも買える!

HOME  オンラインショップ  イクイリブリアムボトル B60~B74 6,050円(税込)  I-61 Sannat Kumara & Lady Venus Kumara/72の天使Vasariah(サナトクマラ&レディヴィーナスクマラ/72の天使ヴァサリア・正義の天使)

ネットで買えるカラーアイテムはこちら Online Shop オンラインショップ

イクイリブリアムボトル

B60~B74 6,050円(税込) 

B61

Sannat Kumara & Lady Venus Kumara/72の天使Vasariah(サナトクマラ&レディヴィーナスクマラ/72の天使ヴァサリア・正義の天使)

※小さい画像にマウスオーバーすると拡大写真が見られます。

商品番号

I-61

内容量

50ml

通常価格

5,500円(税抜)

カートに入れる

※税込22,000円以上で送料無料

Column

■代表 かしむらかおりのコラムより「サナトクマラ&レディヴィーナスクマラ」


「オーラソーマ いのちからいのちへ その8~再び両親に出会うために~」

再び両親と出会うために

オーラソーマ?のボトルの中に、「サナトクマラ&レディヴィーナスクマラ」という、とても繊細な色のボトルがあります。

以前マスターのボトルやクイントエッセンスに関しては、ご紹介させて頂きましたが、サナトクマラ&レディヴィ-ナスクマラは、その15本ある様々なマスターと関連したボトルの中の1本で、原型としての父親や母親、自己の内側の男性性と女性性の役割モデルと関係しています。

もう少しわかりやすくお伝えすると、このボトルにとても惹かれる時、1つの可能性としては、幼い頃に何らかの理由でご両親と気持ちを通わせる事が困難であったとか、離れ離れとなり同じ時間を共有する事が出来なかったなど、大人になった今も内側の小さな子供が、いて欲しかった両親像を渇望している場合に選ばれることがあります。

あるいは、そういった過去の経験が現在にどのような影響を与えているのかという事と、向き合ってゆくのに、とてもいいボトルでもあります。

オーラソーマ?タロットを見るとわかりやすいですが、サナトクマラ&レディヴィーナスクマラは、若い青年の姿で描かれています。 サンスクリット語で「永遠の子供」という意味をもつサナトクマラは、太古の昔に、修業を積んだ金星から、日本の京都の鞍馬山に降り立ったといわれ、地球を守り、地球にとって親のような存在だそうです。 「永遠の子供」と「両親」がひとつになったようなマスターとはどういう事なのでしょうか。

マスターのボトルと関連するクイントエッセンスを選びあぐねた時にも、この両親のような存在のサナトクマラのエッセンスを使えば、本当に必要なエネルギーに繋いでくれるともいわれています。

色のコンビネーションも、ペールピンク&ペールイエローという優しいコンビネーションで、シェイクカラーはペールコーラルという自分を愛するという事と関係した色になります。

愛と恐れは共存することは出来ないといいますが、まさに愛される必要のある内側の深い恐れを超えて、自分自身が再び愛という存在そのものとして、原型である両親に出会ってゆくためのボトルでもあります。

ちょうど今、私はボトルとワークしながら生命の樹の旅をするなかで、この「サナトクマラ&レディヴィーナスクマラ」のボトルを体験しています。

生命の樹では「ケセド」と呼ばれる、4番目の「慈悲」のスフィアと関連し、そこは、与えることの喜びを味わい、幸福や繁栄、祝福といった、ある意味豊かさを経験する場所です。

サナトクマラ&レディヴィーナスクマラのボトルを使うときに、私自身が毎回、親子関係を通して感じることがあります。

子供というのは、内側も外側も区別はつきませんから、どの瞬間も、純粋に愛という存在として、自分の目に映っている外側の親の姿を見ています。 それが親の全容なのです。

子供にとっては、愛の源泉でもある両親は最大の関心事でもあり、親の些細な変化やコンディションは、デリケートで傷つきやすい幼いハートに直接的に伝わります。

そんな親子関係の中で、いつしか記憶に刻んだ報われない愛の感覚がこのボトルを通してみてゆける事でもあります。

本来、両親も多くの場合、初めての子育てに迷ったり混乱しながら、いくつもの決断を迫られる事もあれば、子育てそのものを模索していたり、時にはそこから逃げ出したくなったりしたことがあったとしても、ある意味やむを得ない事なのかもしれません。

両親はマスターな訳ではないので、時には間違える事もあるでしょうし、不用意な関わりの中で思いがけず子供を傷つけてしまったりするかもしれません。 でもその事で同様に両親も傷ついているケースが多いのです。

むしろ、両親自体が子供の時に傷ついたその痛みの場所から、不本意にも同じように子供に対して、傷つけてしまうこともあるかもしれません。

そうはいっても子供の時に信じ込んだことや刷り込んだことのパターンは、簡単には手放せないものです。 そこで、愛に光をあて、魂として再び両親と出会ってゆくことをサポートしてくれるのがこのボトルでもあります。

そういった中でとても興味深いのが、親子関係に限らず、どのような関係性においても、自分の視点と解釈が苦しみを生み出してしまうとしたら、「報われない愛の感覚」もまた、実は自分の幻想や、思い込みであることも珍しくありません。

現に、大人になった今、両親に意を決して 「子供の時に言われたあの一言に私はとても傷ついて、今でも忘れられない」 などと打ち明けてみたのに、 「そんな事言った?」と驚かれたという話もよく聞きます。

そこに起きていたことは、お互いの魂の成長過程で学ぶ必要のあった、避けては通れないお約束事だったのかもしれませんね。

もちろん、子供は愛される為に存在し、そのための努力を怠りませんから、この時期に分離感や、愛されていないという感覚を持ってしまうと、それはまるであひる効果のように、とても長く尾を引きます。

子供時代に目に映る両親はとても特別で絶対的な存在ですが、改めて自分の内側の深いところから愛を通して両親を見てゆけると、いい意味で私たちとなんら変わらない、一人の男性と女性である事がとても感じられます。 私たちと同じように日々の中で迷ったり、思い悩んだり、愛される事を望む、とても愛しい「存在」であることが感じられます。

時には間違えたり、その自分を責めて混乱したり、子供と同じように親も傷ついて、共に成長をしてゆきます。

洞察と手放し、そして自分自身を愛するための知恵。

このボトルとワークをすると、いつも内側から温かい愛の光が溢れ出し、ハートに映し出される両親の背中がいつもよりも少し小さくみえます。 私たちと同じように、傷ついたり愛を求めたりしながら子供時代を過ごした両親の姿が思い浮かび、とても愛おしく感じられます。

「永遠の子供」と「両親」が統合したようなサナトクマラ&レディヴィーナスクマラを通して、あなたの内側で真の両親の姿と出会ってくださいね。


                           柏村 かおり 記
BACK

LIST